サラ金とは何か、どのような特徴があるのかについての解説

 

大きな社会問題となっているサラ金ですが、その詳しい実態を知る人はあまり多くないのが実情です。ここではそもそもサラ金とは何か、またどのような特徴があるのかということについて解説します。まずサラ金という呼称について紹介しましょう。これはサラリーマン金融の略称なのですが、その名の由来は主な対象が会社員だったことにあります。また会社員だけでなく、主婦や学生などが対象になることも珍しくありません。このことからもわかる通り、サラ金は「個人を対象とした小口金融」のことを指しています。(サラ金で融資を受ける方法)別名としては団地金融や消費者金融、街金というものがあります。このうちには違法な営業を行う闇金が含まれる場合もあるので、十分な注意が必要です。ところで融資業務を行う機関としては他に銀行が挙げられますが、これはサラ金とは別種の存在であると言って良いでしょう。

サラ金には貸金業法が適用される一方で、銀行の場合には銀行法という異なる法律が適用されることからも、そのことは明らかです。サラ金には借入の手続きが非常に簡潔で、手軽であるという特徴があります。通常、銀行の融資では様々な審査が行われますが、サラ金の場合にはそれがほとんどなく、基準も比較的緩やかなものに設定されています。一方で設定された金利が高いことも、特徴の一つです。先述の通りサラ金には貸金業法が適用されるのですが、この法律によると借入限度額が100万円未満の場合には18.0%、100万円以上の場合には15.0%が原則として金利の上限となります。なお、特別な理由もなしに、この範囲を超えた金利を請求することは違法です。現在のサラ金ではそのようなことはほとんどありませんが、一部闇金と呼ばれる存在はこのような違法な金利を取る場合があるので、絶対に利用してはなりません。近年では闇金の取り締まりや罰則が強化されています。そのため大手のサラ金の場合には、違法な金利を取られることなく利用することができるようになりました。

サラ金を利用する前に確認したい口コミ情報

 

「サラ金」というと、マイナスのイメージを持つ人も少なくはありません。高い金利を請求されたり、違法な取り立てを行う業者であるというように感じている人も多いようです。しかし、サラ金はサラリーマン金融の略称であり、個人を対象とした小口融資を行う業者のことを指しています。以前は、消費者金融もサラ金と呼ばれていたこともありました。現在では、誰もが知る大手消費者金融以外の中小規模の消費者金融のことをサラ金と呼ぶケースが多いようです。貸金業者としての登録をしていたり、法律を遵守しているなど、優良な企業が多い一方で、知名度が低いために、闇金と間違われたり、利用しにくいと感じる人もいます。そこで、サラ金を利用するという場合には、実際に利用したことのある人の口コミを参考にすると良いでしょう。大手消費者金融とは異なる審査基準を設けているという所も多いため、大手消費者金融の審査は落ちてしまったという人でも、融資を受けることが出来る可能性もあります。

融資額がそれほど多くはないということや金利が高く設定されている傾向にあるなどのデメリットはあるものの、どこからもお金を借りることが出来ないという人にとっては、闇金を利用するよりも安全で、安心して借りることが出来るところであると言えるでしょう。なお、サラ金と一口に言っても、そのサービス内容には違いがあります。インターネットを利用した申込に対応しているというところもあれば、契約をするためには、来店をする必要があるというところもあります。その為、申し込みをする前には、申込方法や借入方法、返済方法についてあらかじめ確認しておくと良いでしょう。また、口コミを参考にするという場合には、一つの業者だけではなく、複数の業者を比較するということで、それぞれの業者のメリットやデメリットを把握しやすくなるでしょう。お金を借りるという時には、無理なく返済することが出来るよう、計画的に利用するようにしましょう。

金利が低いサラ金を利用するのがお得な理由

 

お金が急に必要になった時には、サラ金から融資を受ける方法がありますが、その場合は金利を比較してなるべく低いところから融資を受けるのがお得です。融資を行っている金融機関では金利が設定されており、それは金融機関ごとに異なります。少しでも低く設定されているところから融資を受けることによって月々の返済金額も安くなりますし、返済期間を短くすることが出来ます。サラ金から融資を受ける方法としては、インターネットから融資の申し込みをする方法が便利です。パソコンやスマートフォンから簡単な情報を入力することで融資を受けられるかどうかの簡易審査を受けることが出来ますし、全てインターネット上の手続きで融資の申し込みを完了させられる金融機関もあります。サラ金に融資の申し込みをする際には、金利や返済方法など色々な使い勝手を比較できるサイトを利用するのがおすすめです。

ユーザーの口コミやランキング形式で使い勝手の良いサラ金がわかるサイトがありますので、どの金融機関から融資を受けるのがお得かを知るには最適な方法です。サラ金からまとまった金額の融資を受ける場合、サラリーマンでないと融資を受けられないと考えている方もいるかもしれませんが、安定した収入がある方の場合パートやアルバイトの方でも融資を受けることが出来ます。勤続年数も審査には重要ですので、サラリーマンでない方でも融資を受けたい方は申し込んでみてはいかがでしょうか。全てスマートフォンやパソコンから申し込みを完結することが出来ますし、即日融資を受けられる金融機関も多くあります。急偽でお金が必要になったものの、預貯金が足りないという方は、即日融資が可能なサラ金に審査を申し込むことをおすすめします。金融機関によっては一定の期間で返済すれば初回限定で金利がかからないというケースもあります。初回限定のキャンペーンなどはその業者によって異なりますので、比較サイトなどで比べてなるべくお得な金融機関で融資を受けてみてはいかがでしょうか。

カードローンの借り換えをする場合は

 

近頃注目されているカードローンの借り換えとは、借り入れの為の利子の負担や借り入れ後の返済負担を軽減するために、今現在借りている借入先を除く金融機関に乗り換えることを言います。キャッシングの申込方法の中でも今流行りのインターネット申込は、遊んでいる最中でも勤め先でも手続きしようと思えば可能ですし、審査に費やす時間も短縮されますから、即日融資をしてもらうことも可能です。有名な消費者金融にも一定期間だけ無利息で借入できるサービスがありますが、なにしろ初回融資より30日間だけのサービスなので、どう見ても低金利が長期間続く銀行取り扱いのフリーローンが一番です。カードローンの借り換えをする場合は、もちろん低金利なところを選ぶことが必要です。せっかく借り換えを済ませても、借り換え前のカードローンの金利と一緒では意味がありません。

借入先を増やすと、支払プランを立てるだけでも一苦労のはずです。そんなシチュエーションで助けになるのがおまとめローンですが、低金利のものに借り換えられたら、より借り換える意味が大きくなります。都銀や地銀などの銀行は「貸金業者」とは違い、どんな業務をしようとも「銀行」なので、貸金業法の制約を受ける対象ではないのです。というわけで、銀行ローンは総量規制の制約を受けないということです。カードローンの審査で落とされる要因として、一番に想定されるのが過去の滞納だとのことです。キャッシング件数が多くても、きちんと返済している人は、金融会社側にとっては優れたお客だということになります。キャッシングの申込方法は、PCやタブレットなどを利用して行うのがトレンドですが、便利な自動契約機を取り入れている各種銀行や消費者金融であれば、その自動契約機を利用した申込や契約も可能です。おまとめローンを使って借入をまとめるなら、まず第一に今と比較して低金利の銀行を選択するのが得策です。金利が低くないおまとめローンにシフトした場合は、受けられる恩恵は皆無だということはご理解いただけるでしょう。

電話を掛けることによる在籍確認ができないと、審査をパスできないと考えるべきでしょう。そうなった場合お金を借りるというのも不可能になりますので、何としても電話を取ることができるようにしておく必要があります。カードローンについては、消費者金融系や銀行系など、いくつもの商品が提供されているので、失敗を防ぐためにも、信用できるデータを基に、念入りに比較をしてから申し込みを行なうことをオススメします。銀行又は消費者金融の金利には下限金利と上限金利の2つが存在しますが、カードローンの金利を比較したいなら、上限金利に着目することが必須でしょう。銀行が行っているおまとめローンは街のサラリーローンより低金利で、多額のローンも受け付け可能なので嬉しい限りですが、審査が厳しく日数もかかる点が不満なところです。即日融資を利用したいと考えるのは、予定外にお金を用意しなければならなくなった為なのですが、そういう状況下で「収入証明書がないとだめです!」と言われても、ぱっと準備することはできないケースがほとんどです。無利息の期日を30日間としているローン会社が多い印象ですが、変わったところでは7日間という期間設定にする代わりに、すべての借金を返済したら明くる月から同様に無利息で貸してくれるところも見られます。